普通自動車免許を取るには

普通自動車免許を取るためには普通自動車教習所へ通って技能卒業検定に合格するという方法と一発試験と呼ばれる運転免許試験場で技能試験を直接受験するという方法の2つがあります。
一般的な取得方法としては前者になります。
自動車教習所の種類としては大きく分けて通学型と合宿免許型の2種類があります。
後者の合宿免許型というのは教習所近くの宿舎に宿泊しながら短期集中で技能卒業検定に合格するというものになります。
短時間で取得しないといけないということであれば合宿免許に対応している教習所がふさわしいかもしれないですね。
普通自動車免許を取得する前に確認しておかないといけないのが、オートマ車(AT限定)とマニュアル車(MT)のどちらの免許にするのかを決めないといけないということになります。
AT車というのはクラッチ操作をしなくてもドライブモードを入れたまま走行することができます。
教習でも料金及び時間がMT車に比べて時間がかからないため、料金も安くなります。
それに対してMT車はクラッチ操作をしないといけなくて、ギアチェンジや半クラッチの操作などを覚えないといけないです。
AT車に比べてMT車は覚えることが多いですが、両手両足を使って運転を行うので運転している感覚が味わえます。
MT車の免許を取得するとMT車だけでなくAT車も運転することができます。
普通自動車第一種免許を取得するためには、自動車学校に入校してまずは敷地内で技能講習や学科講習を受けることになります。
既定の講習を受けたら技能終了検定と仮免許学科試験を受験することになりこれらに合格すると仮免許証が交付されます。
それから技能講習は路上講習になり、さらに学科講習もあります。
既定の講習を受けると路上を使っての技能卒業試験を受験します。
技能卒業試験を合格すると自動車学校からは卒業することになります。
あとは運転免許試験場で適性検査や学科試験を受けることになり、合格すると普通自動車第一種免許証が交付されます。


Comments are closed.