合宿免許は簡単である、皆様もそんなイメージですよね

かなり短期間で免許を取得できますし合宿免許は簡単であるというのが、皆様のイメージだと思います。
実際に、利用した私としても、まったくそれを否定するつもりはありません。
例えば、教習所に通っていると、一時間は予約で二時間目はキャンセル待ちで、いくら多くても一回で受けられる時間は二時間までとかの条件で、カリキュラムを消化してゆくと言う形なので、如何しても時間がかかりますよね。
そうやって、入力したり、書き込んだりして待ったり、予約を取ったりする手間もわずらわしいです。
合宿免許の場合は、集中して短期で行いますし、消化のカリキュラムもある程度、スケジュールされていますので、クリアしていく内容自体は変らなくても、簡単だというイメージになりましたね。
手間がなくシンプルなわけです。
さらに、合宿免許で取った私と、教習所を利用した友人とでは、合格率の差があるようにも感じましたね。
意外と、クランクで落ちてしまったとか、仮免に2回かかったとか聞きますけど、私の同期はかなり高い確率で、最短の合格でした。
恐らく、仕事をしたり、他の生活をしながら受けているのと、生活そのものが合宿で、免許の取得を目指しているのとでは、環境が違いますし、先に書いたみたいに自分の都合のいい時間に予約を取ったり、キャンセルを待ったりして実践して、そこで印鑑がもらえない場合、また間が開くので体が忘れてしまったりするのでしょうけど、合宿免許の場合は集中して行うので、合格率が高いのではないかと、実際に体験した私は感じています。
そう考えると、これまた身につける内容そのものは同じだとしても、やっぱり受かるまでの効率のよさは、合宿免許に軍配が上がると、私は思いますね。
ちなみに、合宿だからといって、一日に行える実技の時間が多く取れるとかではないです。
それは決まっています。
ですから、如何しても緊張してしまう人とかは時間がかかるかもしれません。
でも、ちょっとの遅れの場合、合宿代を補償してくれるサービスもあり、通っている時のように、また平日に時間を作る必要があるみたいな余計なプレッシャーがないのも、大きいですよね。

This entry was posted in たくさんのメリット.

Comments are closed.