運転合宿免許の思い出

事務職として働いています。
会社へは自転車を使い通勤しています。
同じ事務職の女性が寿退社することになりました。
そして困った事態が発生したのです。
小さな会社なので、備品類は私達事務が買い物に行っています。
軽い物は私で、大きな物や重い物は彼女が自動車で買いに行っていました。
嫁ぎ先に自動車は持っていかないといって彼女は自動車を手放しました。
そして最後の1ヶ月は彼女は電車での通勤になりました。
そうなのです、重い物を買いに行くのが困難になったのです。
かといってペットボトルのお茶などは毎日飲むもので確実に減っていきます。
しばらくの間は営業の人に買い物を頼んでいましたが、どうも気が引けてしまいます。
そんなある日、営業の人に頼まれてお客さんのところへ行くことになりました。
緊急のことだったので私は迷わず自転車に飛び乗ります。
しかし自動車では10分の距離ですが、自転車で行くと30分もかかります。
その上、道がややこしく迷いました。
こんなときにカーナビ付きの自動車に乗れたらどれほど便利なのだろう。
心底そう思いました。
社長に相談すると、社用車を用意してくれるといいます。
ちょうど連休があったので有給休暇も使い自動車運転免許を取ることを勧められました。
そこで短い時間で済む運転合宿免許を利用することにしたのです。
さっそく教習所に問い合わせます。
電話で簡単に申し込むことができました。
希望した日にちに入所できたのはとてもラッキーだったと思います。
荷物をボストンバックに詰めて用意を進めていきます。
予算を抑えるために自炊するプランを選びました。
ちょっとした旅行のようでうきうきします。
結構1人で参加している人が多いです。
同じような年齢の人がいてとても仲良くなりました。
毎日、自慢の料理を作って食べあいっこをしました。
空き時間なども勉強を一緒にしたりと充実した時間を過ごすことができました。
運転免許と一緒にいい思い出も得られたと思います。

This entry was posted in 旅行気分で免許ゲット.

Comments are closed.