合宿免許はなぜ安いのか

学生の中には「早く自動車免許をとりたい」と考えている人も多いと思いますが、教習所の費用って結構高額ですよね。
最低でも20万円くらいは必要でしょう。
自分の場合は1年くらいバイトを頑張ってお金を貯めてから合宿で免許を取得しました。
友人には親がお金を出してくれたという人もいたので羨ましかったです。
私が合宿免許を利用したのは費用が格安だったからです。
普通に考えると通学で免許を取得するほうが費用が安いと思いますよね。
私も最初はそう思っていました。
だって、合宿免許というのは通常のカリキュラムにかかる費用の他に、宿泊施設の宿泊料や食事代も含まれているわけです。
絶対に通学で免許を取得するよりお金がかかると思うでしょう。
でも実際に費用を比較してみると合宿免許の方が安かったのです。
ちなみに、通学の場合は26万円から30万円、合宿免許の場合は20万円から24万円くらいでした。
教習所によって値段のバラつきはありますが、平均で5万円ほど安かったので、私のような経済的に余裕のない学生にとっては大きな差でした。
なぜ、通学免許よりも合宿免許の方が安くなるのか疑問だったので、合宿中にスタッフの人に尋ねてみたのですが、合宿免許が格安な理由にはいくつかあることが分かりました。
まず一つは「地方なのでコストが安い」ということです。
合宿免許を行っているのはほとんどが地方の教習所であり、しかも、かなりの田舎です。
田舎では教官の人件費も比較的安いですし、運営コストもかなり安く抑えることができるというわけです。
また、「教習所を効率的に運用できる」という理由もあります。
田舎の教習所は生徒の数も少ないので夏休みや春休みは混雑しますが、それ以外の時期は閑散としています。
そこで、安い価格で合宿を組んで生徒を呼び込むことができれば、閑散としている教習所を効率的に活用することができます。
教習所からしてみれば、「利用者が少ないよりは利幅が薄くてもたくさんの合宿生を取り込んだほうが助かる」というわけです。
料金が安いといっても別にサービスが悪いというわけではありません。
私が利用した宿泊施設はご飯も美味しかったですし、娯楽施設などもあって楽しめました。
短期間に格安な料金で免許をとるなら合宿はオススメですよ。

This entry was posted in 合宿免許が安いわけ.

Comments are closed.